プロテインとは?

ヤフオクに登録!!

筋トレしたからとりあえずプロテインを飲んでいる!そんな方も多いのではないかと思います。

プロテインとはそもそも何なのかを詳しくこのページで説明していきます。

 プロテインとは?

英語のproteinを和訳すると「たんぱく質」の意味です。

日常の日本語でプロテインと言うと、たんぱく質を主成分としたプロテインサプリメントを指している場合がほとんどですので当サイトでもその意味のプロテインとして使用していきます。

 プロテインの働きと効果

アスリートやボディービルダー、ダイエッターの体作りのためのトレーニング後は筋肉が損傷しています。

その際に筋肉が修復される時にたんぱく質が必要となります。

この時に摂取したたんぱく質が筋肉の修復に使われ、筋肉の超回復を促します。

 

また日常的なトレーニングをしているアスリートは体重×2g(例:体重65kg×2g=130g)が一日に必要なたんぱく質量です。

これだけ大量のたんぱく質を日常の食事から摂取するには、同時に脂肪や炭水化物を多く採ってしまう事になりカロリーオーバーにつながり効率的とはいえません。

ここで脂肪分を除去し、たんぱく質の含有率を高めたプロテインを摂取する事は吸収率の面から考えてもかなり効果的です。

 プロテインの誤った認識

まだまだ世間から誤解されたイメージで見られていることの多いプロテイン。

その誤ったイメージの代表的な物を書いておきます。

 

1.プロテインを飲んだだけで筋肉が付く

プロテインは栄養補助食品であり、食事で摂取するたんぱく質と基本的には同じです。

ただ食事で摂取するよりもカロリーを抑え、たんぱく質の吸収が早いだけです。

ですので、飲んだだけで筋肉が付くという事はありません。

 

2.プロテイン=筋肉増強剤

1にも記載しましたがプロテインはあくまでも栄養補助食品です。

ただの食品ですので筋肉増強剤のような薬物的な効果は一切ありません。

アスリートやボディビルダーが飲んでいるので誤ったイメージがついたのでしょうか。

余談ですが筋肉増強剤は市販されていないので簡単に入手できません。

 

3.プロテインを飲んだら太る

これは半分当たりで半分間違いです。

半分当たりというのは、いくらプロテインがカロリーを抑えて作ってあるとはいえ、カロリー0ではありません。

少しでもカロリーがあるので、全く運動していない人が飲めば飲まないよりは太るでしょう。

そもそも運動していないのにプロテインを飲む意味はありませんが。。。。

もちろんきちんと運動・トレーニングしている方が飲む分は全く問題ありませんので安心してたっぷり飲んでください。

 プロテインをネットで探す

プロテインやアミノ酸、サプリメント類はネットで買うとお店で買うよりもかなり安いです。

お店でポイントを溜めて買うのが馬鹿らしくなるような値段です。

私はいつもヤフーオークションかヤフーショッピングを利用していますが、下のリンクから値段を比べてみて下さい。


inserted by FC2 system